医療業界の給料

医療業界というと給料が高いイメージがあると思います。実際に医師の平成24年度の平均年収は1144万円で、サラリーマンの平均年収で
ある409万円をはるかに上回っています。もちろん医師になるためには難関と言われる国家試験を受けてさらに研修医を経て、と努力しなければなることが出来ないのでその分給料が高いのは当たり前と言えます。同じ医師免許を持つ同士でも国立や大学病院に勤務するのか、それとも個人医院を開業するのかで年収には開きがあります。また他の医療業界の職業では歯科医師が679万円、獣医師が545万円、歯科医師が529万円、看護師が474万円となっているなど、やはり全体的に高水準となっています。また、医療機器メーカーの年収も640万円近いなど、医療関係は給料が高いというのは概ね間違ってはいないようです。しかし、給料が高いからという理由だけで出来る仕事では決してありません。人の命に関わる仕事なのでその責任はいつもついて回るし、医師や看護師は不足しているので労働時間もとても多い仕事です。しかし資格がなければ出来ない仕事であるので代わりはいないし、とにかく身体的にも肉体的にもとてもハードな仕事なのです。給料は高いとは言いましたが、これでも労働に見合っていないと言う人もいます。一方で歯科医師は飽和状態になっているという現状もあるので、これから来る超高齢化社会に向けて少しでも医師の偏在などの問題を解決していかなければなりません。

2019年8月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー